AUTOMAGの分解および組立のコツ【Abu Ambassadeur 521XLT PLUS】

AUTOMAGの分解および組立のコツ【Abu Ambassadeur 521XLT PLUS】

▲バネ、若干伸びちゃってますがこれぐらいなら問題ナシ♪

AUTOMAG:Abu Ambassadeur 521XLT PLUS

はい。

全国85,000人の521XLTフェチの皆様こんにちは。

今回はちょいとややこしい521XLTのAUTOMAG(オートマグ)なるブレーキユニット、そのいじり方のコツなどを少々。

分解自体はいたって簡単。

定位調整用の金具を止めてるビス(もしくはワイヤー的なもの)を外して逆さにすれば、マグネットをはめ込んでる樹脂パーツがポロリと外れます。

ただ、樹脂パーツと土台を繋ぐカタチで弱々しいバネが入っているので、その点だけはご注意を。

樹脂パーツ裏の磁力だけでくっついてる金属板を外し、そのまま裏から押し出せばマグネットも外せます。

受け側のエッジがせり出す感じでストッパーになっているので、表側から無理に押し込まないようにしてください。

ポイントは組み込み時。

バネが横たわるところのピン、これを一旦外側に押し出しておくとかなりラクチンです!

また、作業前にブレーキのダイヤルを「0」に合わせること。

バネを引き回す距離が最短になるので、セットがとても楽になります♪

☆マグネットをはめ込んでる樹脂パーツはご覧の通り、3本のピンで止まってます。

☆ちなみに今回はノーマル・スプールによる重めのルアー用を想定、とりあえずダイソー超強力マグネット6つ入れてみましたが予想以上にやり過ぎでした。。。

まぁ、バネのとりまわしに慣れれば特に問題ないかなと。

時折いただくご相談で多いのは、「元に戻した筈なのにダイヤル回してもマグネットユニット動かない!?」というもの。

そもそもそういう仕様なので、その辺はあまり気にしない方がよろしいようです。

斯くいう言うワタクシもアレコレ疑いバネを逆付けしてみたり、とりまわしを変えてみたり。

無茶した結果、弱々しいバネを曲げちゃったり伸ばしちゃったり何度かおかしなことに。。。

で。

一応、AUTOMAGのギミックについて。

スプールが回転につられてマグネットユニットも回転(アラゴーの円板で調べてみてください)。

回転に合わせて外側に押し出されるような溝が彫ってあるので、結果的にマグネットがスプールから離れてブレーキが弱まります。

ダイヤルの数値を上げるとバネが引っ張られて外側に押し出されにくくなり、逆に弱めると押し出されやすくなる的な。

キャストの中盤、飛行安定時に自動的にブレーキを弱めることで飛距離を稼ぎましょうという算段。

要するに、サミングの動作を自動で出来ないか?

そんな考え方なのかなぁと、全然違うかもしれませんが。

ちなみにブレーキの最大値(すなわち投げ始めと投げ終わり)は、マグネットユニットの取り付けの金具のツメの位置で決定。

バージョンによって、ココがネジ固定のものがあるのがチョイ難点。

現場で頻繁に調整するような使い方は不向きですが、その辺はメカニカルで補えば問題ナシ。

はい。

とりあえずそんな感じです。

AUTOMAGのキャストフィール、個人的にはかなり好みです♪

++ 参考 ++
XLT系のアベイルスプール搭載カスタムに興味がある奇特な方は、コチラの記事からどうぞ。

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします