非円形Abuにアベイル軽量スプールその1【Abu Ambassadeur XLT Supreme】

非円形Abuにアベイル軽量スプールその1【Abu Ambassadeur XLT Supreme】

▲一応自己責任的タシナミということで。

Abu XLT Supreme+アベイル軽量スプール

はい、すっかり忘れてました。

手持ちのXLT Supreme Silver Editionのスプールは4500系と互換性があるタイプ。

ということは溺愛する溺愛アベイルさんの軽量スプールもセットするだけなら何の問題もなく可能ということ。

その元ネタがコチラ

きっかけとなるヒントを何年も前に頂いていたにも関わらず。

手持ちのXLT系リールの用途が重めのルアーに偏っていたこともあり、軽量スプールを組み込む発想そのものが消失してました。。

☆同じXLTでもスプールにセットするパーツやシャフト、ピニオンギアなどもモデル(年式?)によって微妙に異なります。パーツリストを確認する限りハンドル側のメインギアのナンバーがどのモデルもほぼ同じようなので、諸々まとめて入れ替えられなくもないのですが。ブレーキ側の出っ張り加減もこれまた微妙に異なっており、少なくとも自分の手持ちの黒い521XLT(フットナンバー85-3 88-89)では細かなセッティングが出せませんでした(アレコレ削ったりもしましたが)。細かな調整をする前の段階でスプールのエッジがどこかしらに擦れてしまう感じです。

☆XLT Supreme Silver Editionでのセッティングに関しては、ブレーキまわりを少し強化しないと扱いにくいかも?という感じがあるものの勝算アリ。ちなみにXLTシリーズ、カムロック機構だかバヨネット機構だか(最後のカット:スプールの蓋にもなっているマグブレーキ部分が外れるアレ)の立て付けが甘い個体でも薄い塩ビか何かを隙間に噛ませることで幸せになれる確率がアップします!

ソンナコンナでAvail Microcast Spool AMB4550UCをゲット。

XLT Supreme Silver Editionではそれなりの手応えを感じることができたのですが。

メイン使用の黒い521XLTにセットするのは「一旦」断念、現状の用途においては満足しているので無理することもなかろうと。

でもでも、やっぱり理想は大事。

できれば黒いタイプに軽量スプールを組み込んで、昨年仕込んだダイワさんの名刀スモールプラグスペシャルにセットしてみたいなと。

というわけで、オモムロにフットナンバー「85-4 89-90」の黒い521XLTを手配

いわゆる後期モデルになるのですが、スプール周りの構成が手持ちのXLT Supreme Silver Editionと同じだったような。。

益々ソッチ系だらけになりますが、それはそれで良いかなと。

まぁまぁ、そんな感じです!!

本件よりもさらに需要が少なそうなAbu Ultra Mag Flippingによる代案についてはまた後日。

※XLT Supreme Silver Editionでも構成が違うタイプがあるかもしれませんその辺はアシカラズ。。。

※一部写真にて、通常と異なる組み方をしているものがあるかもしれませんが個体差調整みたいなものなのであまり気にせずに。。。

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします