21アンタレスDC初期インプレ 久々にデジタルコントロールブレーキ仕様のベイトリールを購入【シマノ】

21アンタレスDC初期インプレ 久々にデジタルコントロールブレーキ仕様のベイトリールを購入【シマノ】

▲かなりワクワクしています♪

21アンタレスDC初期インプレ:シマノ

はい、フラッグシップ!!

シマノさんの21アンタレスDC、右ハンドルのXGモデルにお越しいただきましたよ。

タイトルの通り、同シリーズは初代の06アンタレスDC以来。

新型コロナ云々の絡みでフィッシングショー的なものもなく、実機を見ないままでの予約購入となりましたが。

手にした印象としては、見た目も含めて期待を遥かに上回る仕様でワタクシ的な評価はお高め!!

その辺の詳細等、溺愛している19アンタレスとの比較なども交えて記してみます。

いきなり余談:16アンタレスDC系をスルーしていた理由

黒田健史プロのブログでも触れていた点。

ワタクシが06アンタレスDC系以降、すなわち16アンタレスDC系に手を出さなかったのはあの独特な仕様のメカニカルブレーキのため。

「進化したDCブレーキを最大限に活かすために!」という、ある種の熱意的なところは理解できるのですが。

結果的にハンドル側のベアリングへのアプローチが面倒になることは、日常的なメンテナンスを鑑みた際にいかがなものかと。。

故に、注油キャップ+付属工具というカタチで外側からアプローチしやすくなったと分かった途端21アンタレスDCへの興味が倍増!!

某メーカーさんのマグ何とか然り、メンテナンス性を犠牲にする仕様は極力避けて欲しいというのが本音です。。

21アンタレスDCの基本スペックおよび購入を決定付けた要因

  • ギア比 → 5.6〜7.8
  • 最大巻上長 → 65cm〜91cm
  • 最大ドラグ → 5.0kg
  • ラインキャパ → 12LB / 125YDS(0.3mm / 114m)
  • ベアリング数 → 11BB/1ローラー
  • 自重 → 220g〜225g

購入前に比較対象としていたのは左右1台ずつ所有している溺愛19アンタレス

フラッグシップらしいお値段設定だし、変に被るようなら無理に手を出すこともなかろうと。

その観点でいくと、最も気にすべき点はやっぱりスプール。

MGLスプールⅢおよび19mm幅のナロー仕様はウェルカム、着目すべきはその直径!!

19アンタレスでの34mm径化は、アンタレスAR好きなワタクシ的には歓迎すべき変更だったのですが。

アンタレスDC系は飛距離重視ということで、ソレナリの口径であることが望ましく。

逆にいうと、21アンタレスDCのスプール径が37mmであることを確認した段階でほぼ購入を決定したくらい。

そこまで厳密に使い分けているわけではないのですが、どうせなら使用感が異なるベイトリールを所有したいなぁと。

その他の細かな仕様に関しては、シマノさん信者なところもあってあまり気にせず予約オーダーしちゃいました。

実際、自重も特に重過ぎるような値ではないしギア比も7.8対1のXGモデルが用意されていて十分という印象。

また、肝心要のDCブレーキに関しては「精度が更に増した!」というアナウンスを素直にそのまま受け入れてみました。

手元に届いた21アンタレスDCのハンドルを勢いよく回してDCブレーキを作動させた感じでは、確かに回転数による挙動が一層細やかになったような!?

とても気持ちが良さそうなので、早く使いにいけるよう励みます♪

21アンタレスDCのデザイン

正直なところ、性能云々以上に気にしていたのがデザイン面

これも黒田健史プロのブログなどで19アンタレス踏襲のコンパクトなデザインということは分かっていたものの。

19アンタレスと変わらな過ぎてもつまらないし、差別化を狙い過ぎて破綻していても興醒めするし。

見る角度等やカメラのレンズによるパースとかでも印象が変わるので、まぁまぁドキドキしてました。

でもでも、実機を拝見して一安心!!

19アンタレスと比較してやや縦に長く、サムレスト上部の凹みもフラット気味に。

程よくアクが抜けたと言うか。

21アンタレスDCの方が少し大人しめな面持ちになったことでそれぞれの差別化的なところも宜しい按配に。

細かなところですが、ハンドルの根本の装飾パーツとかもデザイン的な小技が効いていてツボでした♪

あとあと、実用的な面でいうとサイドカバーの開閉レバーを開けやすさを保ちつつ上手く押し込めところも素敵。

19アンタレスのように少しくらい出っ張っていても対処はできるのですが、押し込められるのならそれに越したことはなく。

また、スプールの結び穴も地味に好き!

このカタチが最適解なのかどうかはさておき、アプローチとしてはアリだと思います♪

ハンドルに関しては、すでに交換しちゃっているので説得力に欠けるかもしれませんが。

XGモデルにセットされていた45mmハンドル、個人的には程よい按配だったかなと。

また変にオリジナリティを出そうとせず、既存のものを踏襲したことも好印象♪

別売りの専用ソケットがないと外せない19アンタレスのハンドル、アレも試みとして分からなくはないのですが。。

ちなみにツイートの通り、21アンタレスDCはConcept C2同様チョイ長めなバリアルハンドルの100を選択。

感覚的なところでの選択なのでココでは深堀りしませんが、求めていたイメージ通りのバランスになりました♪

21アンタレスDCのその他フィーチャー等

以前は喰わず嫌いだったマイクロモジュールギアも、バンタムMGL等を使っていく中である程度のことは対処できるようになったし。

ハンドル軸にベアリング2つ仕込むことでガタ付きを抑え込む仕様とかもかなり秀逸というか、ヤバめな発想自体に頭が下がります♪

あと何気に嬉しいのが海水対応という明確なお墨付き

これまでの釣行回数はそれこそ数えるほどですが、ボートシーバスでも思いっきり活躍してもらう予定です!!

21アンタレスDCの欠点!?

全然ダメという程ではないのですが、やっぱりクラッチの位置が少し高いなぁと。

「スコン!」と小気味よく切れる操作感はとても心地良いので、この点は非常に悔やまれるところ。。

ダメ元で手持ちのKDWオフセットクラッチ(バンタムMGL用)でチャレンジしてみたものの、ストロークが微妙に合わず。。

そんなわけで、(カケヅカさんが21アンタレスDCに興味を示してくれるかどうかは微妙ですが)勝手に期待している次第です♪

もう1点、19アンタレスで採用されていたドラグのクリッカーが21アンタレスDCでは廃止されています。

ワタクシはクリッカーが無かったら無かったで良いタイプなのですが、19アンタレスと同じ仕様をイメージしていた方はご注意を。。

まとめ:想定している21アンタレスDCの使い方など

21アンタレスDCをセットするロッドは往年の名刀、ファイナルディメンションTS-176MHを想定。

シマノさん曰く中段性カーボンを用いた中型ビッグベイト用とのことで、ワタクシ的にもそれに準じた使い方をしていく算段。

具体的にはダヴィンチ190タイニークラッシュなど、2ozクラスのビッグベイト。

更に六度九分さんの横綱Riddle bait distilleryさんのDullahan IPA等々チョイ大きめな巻物系全般。

変に遠投だけに拘らず、幅広く嗜んでみようと妄想中♪

ソンナコンナで!!

3回目の緊急事態宣言やらお仕事やらお家のことやら、相変わらずママナラナイ状況が続いておりますが。

この21アンタレスDCほかモロモロ、釣りに行けない間に入手したアイテムを早く満喫できるよう励んでみます。

はい、とりあえずそんな感じです♪

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイト フェチの
更新情報をお届けします