2017年の初めに非円形Abuを更に追加【Abu Ambassadeur 521PLUS LH】

▲今回は北米仕様、XLTなしの521PLUS♪

はい。

サーバーの移管等々を理由にサボってましたが、久々に更新してみましたよ。

それなりにネタが溜まっている中、まずはやっぱり非円形Abu関連からかなと。

で、今回は521PLUSのLHモデル。

昨年の初夏に購入した521 XLTのLHで左巻きに味をしめ。

今度はPEラインの使用を視野に入れ、レベルワインドがフリーになる初期モデルを探していたのですが。

ふと、比較的コスメがシックな521PLUSのLHモデルが目に止まり。

アレコレ妄想したところ、もう買うしかなかろうと。

☆赤や金が目立つ521 XLTに比べ、シックなコスメがポイント♪

☆521PLUS LHの前に右巻きのスプリントモデルを入手するも、コチラは残念ながらイマイチでした。

期待しているのはFUJIグリップ仕様のサムスティックとの組み合わせ。

現在メインで使用している1000Cは、見た目も使用感も非常によろしい感じなのですが。

PEラインで軽量ルアーを嗜む場合、スプールとレベルワインドが近いという構造上の問題もあり。

キャストを繰り返し、ラインの巻き方が乱れてくるにつれ。

スプール上での摩擦係数が増し、ソレ切っ掛けのプチバックラッシュが頻発するという欠点があったりなかったり。

ソンナコンナでレベルワインドがフリーになるXLT系、それもコスメがシックな521PLUSに白羽の矢。

コレなら見た目のバランス的にも良かろうということで。

もちろん、今回もアベイルスプール導入を視野に入れての購入。

そこで問題点になるのがブレーキユニット。

521 XLTと同様、初期型のモデルはアベイルスプールと干渉しやすいタイプ。

でも、一応ワタクシなりの解決策を準備して。

もし解決策が上手く行かない場合、最悪ブレーキユニットだけ521 XLTから流用すればいいかなと。

その場合、ブレーキユニット側のコスメ問題が再浮上しますが。

えっと。

521 XLTと521PLUS、名前が近しいのでややこしいですね。

アベイルスプール導入編は、日を改めて。

はい、とりあえずそんな感じです♪

++ 関連記事 ++

▼普通サイズのルアーでは問題なく大活躍♪
Fujiグリップにスリムな非円形【Abu Ambassadeur 1000C】

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします