ブラックバス釣り in 相模湖 6回目【2006】

▲抜駆け適わず見事に空振り。

2006 08/20 in 相模湖上流部&秋山川 バスフィッシング

はい。

今回も釣りの後の野暮用絡みでTeamBAITとは別の単独釣行。

この日はトップ系およびスピンキャスト・タックルでのチャレンジを満喫する算段で。

先に結論を述べると、この日の釣果は多数のバイトと3匹バラシ。

己の未熟さを痛感する1日と相成りました。

さてさて、その内容ですが。

☆反応があって楽しいものの、結果に繋げることがナカナカ難しく。

☆今回もっとも果敢にルアーを追い回してくれたのは上段中央のコ。

朝イチはソコハカトナク涼しい空気が流れてくる秋山川方面に。

でも何だかイマイチで、やっぱり厳しいのかなぁと思いつつもとりあえずフロッグさんの逸品インジャンジョーからスタート。

相変らずアクションさせやすく、尚且つサウンドもよろしい優秀なダブルスイッシャー。

でも若干サイズが合わなかったのか、見えバスの近辺にキャストしてもほぼ無視されるか確認した後に去って行く感じ。

超タイトにキャストが決まったときに何度かバイトを得られたのですが、アワセ下手も手伝ってフックアップに至らず。

10時くらいまで粘っても事態は打開せず、その後はスピンキャストを活用した虫パターンにチェンジ。

使用したルアーはイマカツさんの風神スパイダーとダイイングシケイダー。

これが(ニゴイも含めてですが)兎に角バイトが多く、中でもダイイングシケイダーはこの日の当たりルアーだった模様。

ただウワサ通り、全く乗せられず。

そこでフォローにベビーグリフォンを活用したところ、それなりサイズのコが思惑通り見事にヒット!

しかし、前回のようなニゴイじゃないことを確認した直後にバラしてしまうという大失態。

根掛かりにビビり、ベリーのフックをダブルに交換したのが失敗だったのかも?

その後もスピンキャストによるスキッピングの練習をしつつ粘ったのですが、バラシの後は反応が鈍く。

一気にポイントチェンジ!クランクベイトやスピナーベイトを投げ倒しつつ吉野ワンドに向かうことに。

超人気ポイントの吉野ワンド、最奥は混雑していたのでまずは中間辺りのポイントで。

スピンキャストでスモラバをキャストしてたのですが、ココで見事2回目のバラシ達成。

オーバーハングから落ちてくる虫を狙っていたコだったのか、ルアーの着水と同時のバイト。

クラッチが切れた状態でのバイトだったので、スピンキャストのライン放出口を指で押さえてのアワセ。

どうやらコレが甘かったようです、何にせよ残念でした。

更にその後、ボート屋さんに引き返しつつチマチマロジックで最終チャレンジ!!

なんてことを脳裏に巡らせた矢先、明らかに虫を狙っているキュートなサイズの浮きバスが。

そこに自画自賛できるキャストが決まり、ファーストアクションで起死回生のバイト。

兎に角1匹!そう思った瞬間3度目のバラシ。

そしてこの日はコレで終了。

何度かバスが反応してくれたので楽しかったのですが、採りきれないもどかしさが際立つ1日でした。

はい、とりあえず今回はそんな感じです。

また次回に期待ということで!!

++ タックルの詳細 ++

▼主にスモラバ用♪
ゼブコ11マイクロ + カーディフベイト56UL-B

▼主にチマチマ用♪
コンクエスト50S + SHAULA 1501F-4

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします