ブラックバス釣り in 琵琶湖 2回目【2015:ベイト難民キャンプ_Day2-1】

魅惑のサントラッカー

▲12人乗船可能!予想よりもデカくてステキ♪

2015 09/21 in 琵琶湖 バスフィッシング

はい、2日目前半。

この日はキャプテンuedaさんが手配してくれた、サントラッカーなるクルージング船でのボートフィッシング!!

朝早過ぎる!などという声がどこからか聞こえたような気もしたのですが、みなさん5時くらいにはしっかり起床。

この辺のメリハリ感、毎度のことながらステキです♪

そそくさと準備をすませ、四季亭近くのボート屋さん「ファイブオーシャン」へ移動。

そこで大柄なボートを目の当たりにしてワクワクする半面、なぜタックルを絞ってしまったのかとちょっとだけ後悔してみたり。

なんとなく観光船的なノンビリイメージを抱いてしまい、あまりキャストは出来ないのかなぁと。

勝手な思い込みで、タックルもルアーもボトム系中心に選りすぐってしまいました。。。

でも!いざボートが進みだすとそんな小さな思いはどこへやら。

湖上のさわやかな空気に興奮せずにはいられません♪

☆憧れの竹生島、やっぱりカッコよすぎ!!

☆みなさん入れ食い状態の中、わたくしはギルバイトをタンマリと♪

最初に入ったのは竹生島。

カッコよすぎるロケーションに、ずっと憧れてたポイントです。

とりあえずジグミノー系で様子をみると、かわいいサイズがやたらとチェイス。

ただ、クチサキでついばむ程度のバイトのみでフックアップする感じは全くナシ。

手持ちの沈む系ルアーをしこたまローテーションさせてみましたが、何をどうやってもバスからの反応は向上せず。

どうやら釣りウマなみなさんはトップ系、ないし細めのゴム系で釣りまくっているご様子。

浮くプラグはお宿に置いてきちゃったし。

ゴム系はややボリューミーなものしか所持していないということで、いつもの如く強奪作戦を展開!!

手始めに、最も釣っていたと思われるひでさんからヒットワームをちょこっと拝借。

でもでも案の定、怒涛のギルバイトに四苦八苦。

バスらしきバイトもそれなりにあったのですが、アワセがうまく決められずにバラしまくり。

竹生島は後ほどもう一度入ったのですが、ワームの苦手意識を改めて認識させられるというチョイほろ苦い経験となりました。

☆キャプテンのおかげで琵琶湖ならではのシチュエーションを大満喫させてもらいました!でもよくある話で写真殆ど撮ってませんでした。。。

☆一応、お魚も。何とか可愛いコを1匹だけ。

昼食後はキャプテンの作戦で漁礁狙いにシフトチェンジ。

過去、何度か同じようなシチュエーションで釣らせてもらったことを思い出し。

さらに、みなさんの釣り方を参考にさせてもらっているうちに都合よくその気になってテンションアップ♪

バイトがあったら一気に漁礁から引き剥がせというキャプテンのアドバイスもあり、何とか一匹だけ可愛いコを釣ることが出来ました。

夕方、最後のポイントでも何度かステキなチェイスがあったのですが。

調子に乗るべからずと申しましょうか、欲張り過ぎてはいけませんということで。

何にせよ、大満足でした。

ちょっとした会話から滲み出るみなさんの金言もしっかりと♪

っていうか、それが楽しみの本命であることは言わずもがな。

はい、2日目のサントラッカー釣行はそんな感じです。

もうちょい、続きます。

++ 今回の参加メンバー ++
あほあほルアーマン:三ツ木さん
ベイトでいこう!:youさん
MIDNIGHT EXPRESS:キャプテンuedaさん
uedaさんの幼なじみ:ひでさん
道具番長:番長さん
くろぼう:くろぼうさん
やるせなす:Pちゃん
あとワタクシ

++ タックル詳細 ++
▼こちらの非円形も調子は絶好調でした♪
Abu 521XLT アベイルスプール仕様FD PV-1610M

++ 関連リンク ++
ファイブオーシャンマリーナ

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします