ZPI RC601 導入!!【CALCUTTA CONQUES 100:シマノ】

▲チラリズム的にもよろしいZPI MgSpool♪

はい、カルカッタコンクエスト100。

ワタクシ的にはシャウラ4ピース1501FFとの組み合わせでお手軽に楽しめみたい!という位置付け。

故に、カルカッタコンクエスト100/101用のMgSpool(RC601)は発売前からまぁまぁ気になる存在。

そんなわけで。

ブレーキ調整の度に分解しなければいけないのかな?という点が気なっていたものの。

いつものように「勢い」で購入♪

で。

☆簡単調整可能なマグブレーキ!!

☆軸受け周りの純正パーツを数点移植するだけの簡単取り付け♪

実際は写真の通り、樹脂製のつまみを回すだけ調整可能!!

最も強くブレーキが効くのが「4」で、それ以上スプール側に寄らないようしっかりとストッパーが働く安心設計です。

また、組込みに関しても。

純正品から軸受け周りのパーツ3点(まん中の写真、ベアリングなどの手前のパーツ)を移植するだけでなのでとってもお手軽。

これらのパーツをもうワンセット用意して、ノーマルスプールと使い分けても良いのかも?

ちなみに性能面も評判通り、なかなかの軽さです。

まだお部屋の中でショートピッチングして遊んでみただけなのですが。

遠心ブレーキのようにいつまでも回転しているフィーリングとは異なるのものの。

カーディフベイト&細めのラインと組み合わせれば、カルカッタコンクエスト50Sのように3gクラスのルアーでも行けそうな。

とりあえず、なるべく早めに実際のフィールドで試してみようと思います♪

はい、とりあえず以上です!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします