懲りずにPEラインなど【月下美人 月ノ響 極細:DAIWA】

▲ピンク色な「極細」仕様♪

はい。

ベイトタックルでのPEライン。

トップ系の極太PEラインに関しては、どの銘柄もそれなりに満足しているのですが。

いわゆるパワーフィネス、もしくは管釣りトラウト用でのチョイ細めなPEラインとなると。

ソレ用として溺愛しているコンクエスト50Sとの相性の難しさがあったりなかったり。

スプールとレベルワインドの距離がタイトな設計なので、放出されるラインの角度が大きくなりやすく。

スプール上でライン同士の摩擦が頻発し、プチ・バックラッシュに繋がるという流れ。

重要なのは、表面の滑らかさと細さと強度のバランス。

どれもこれも帯に短しタスキに長し、そんな感じでヤキモキしていたところに知人よりステキな入れ知恵が。

本来はメバリング(メバル)用。

ピンクで細目なPEライン、前日購入したものを巻いてみたところ。

☆月ノ響、知りませんでした。

☆右の写真はコンクエスト50S。レベルワインドが右端に位置している際にスプールの左側からラインを放出する場合、まぁまぁな角度が生じます。

とりわけこの時期は管釣りがメイン、しかもココ最近は1gの呪縛に思いっきりハマっていることもあり。

ある程度の強度を維持しつつ、細さを最重視した選択。

0.3号というメーカー表記はやや微妙ながら、リーダーに使用したフロロ3lbと比較した感じでは必要十分な印象。

また、適度なしなやか仕上げで使い勝手もかなり良さげ。

肝心なキャストフィーリングとか感度とか比重とか本当に7lbの使用感を得られるかなど、まだまだ未知数な部分も多いのですが。

何はともあれ、まずはしっかり使い込んでみようかなと。

ちなみにこれまで試して断念したPEラインはコチラ。

断念した理由はいずれも使う側の問題かと思われますので、ご参考までということで。

バリバス パワーフィネス PE 0.8号/11lb & 1.2号/17lb

感度や強度も良好で使用感は悪くないものの、固めでチョイしなやかな特性はバックラなどトラブルからのリカバリーが難しい印象。

スプール上での擦れも激しいので、個人的にはもっと細い番手があれば有り難いところ。

バークレー ファイヤーライン クリスタル 0.8号/6lb

ややハリが強めながらも使用感は悪くなく感度も良好だったのですが、割とすぐに擦れちゃってダメにしちゃいました。

半透明っぷりもちょいと微妙。

DUEL スーパー PE ライン スムーズ トラウト 0.6号/11lb

使い始めはかなり硬い印象。

でもフロッグさん系な管釣りトップ用タックルに移動したところ大活躍でした。

とりあえず以上です!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします