XT505-5C!念願のベイトフィネス系パックロッド【フエルコ:インプレ追記】

XT505-5C!念願のベイトフィネス系パックロッド【フエルコ:インプレ追記】

▲相変わらずステキなパッケージ♪

XT505-5C:Huerco(フエルコ)/初期インプレ

はい。

念願のベイトフィネス系なパックロッドを遂にゲットしましたよ。

池袋での展示会で触らせてもらって以来、まだかまだかと待ちわびていたこの逸品。

ショートなレングスに小さめなガイドで小気味良い振り心地、且つレギュラーテーパーでトルク感も十分な印象♪

全部見る

バンタムMGLほか、手持ちのベイトリールとPEラインとの相性チェック【シマノほか】

バンタムMGLほか、ベイトリールのPEライン相性チェックを改めて実施してみた件【シマノ:Bantam MGL XG LEFTほか】

▲別のリールで巻き取るカタチで検証!!

バンタムMGLほか手持のベイトリール VS PEライン

はい、当方ベイト リール フェチであると同時にPEラインフェチ(高比重PEないしシンキングPEライン含む)。

ベイトリールにPEライン、正直なところ「万人向け」の組み合わせとは言い難いですが。

PEラインの伸びにくさによる感度の良さや、高い強度のお陰でラインを細く且つ軽くできる等々のメリットがワタクシ的には捨て難く。

全部見る

16レボALC-BF7-L 優秀なベイトフィネスリールを管釣りトラウトで【Abu Garcia】

▲管釣りベイトフィネス的にも扱いやすい?

16レボ ALC-BF7-L:Abu Garcia

はい。

先日のすそのフィッシングパークでの釣行で、管釣りベイトフィネス的にレボALC-BF7を使ってみましたよ。

メーカー公式サイトの記述「ベアリングとピンを除いた状態で約6.3g〜」にソソられて、純正スプールのままでどこまで使えるのかなと

で、結論から言ってしまうと全然いけちゃう感じ

この日はバス用のセッテイングのまま流用しちゃったこともあり、1.2gよりも軽いルアーだと一気に投げにくくなってしまったのですが。

ロッドやラインのバランスをしっかり詰めれば、アンダー1gも大丈夫そう!?

全部見る

管釣り in すそのフィッシングパーク 1回目【2017:手練れな面々と戯れるヒトトキ】

▲脇を流れる小川の水も綺麗♪

11/18 in すそのフィッシングパーク

はい。

晩夏の奥琵琶湖に続き、初冬の裾野に集合してきましたよ。

今回は道具番長の番長さん、MIDNIGHT EXPRESSのUEDAさん、ゼネコンGOのひでさん、そして遥々京都からベイトでいこう!のyou.さん。

管理釣り場に関しても手練れの面々、コレが楽しくないわけがなく。

事前の予報もなんのその、(それなりの寒さはさておき)大した雨も降らずにとてもよろしいヒトトキを堪能して参りました♪

全部見る

ベイトフィネスで1g:ベイトタックルによる軽量ルアーのキャスティングについて

ベイトフィネスで1g:ベイトタックルによる軽量ルアーのキャスティングについて

▲タックル以上に投げ方が大事!!

アベイル:マイクロキャストスプールほか

はい、ベイトフィネスで1g。

今回はベイトタックルによる軽量ルアーのキャスティングについて、ワタクシなりのコツのようなモノをアレコレ綴ってみます。

タックル面でのポイント、リールに関しては一にも二にも軽量スプール!!

ワタクシのように、お気に入りなベイトリールをアベイル謹製マイクロキャストスプールなどで思いっきりカスタムしてもよろしいですし。

最近では各社からカスタムする余地がないくらいのベイトフィネス専用リールがアレコレ出てるのでソチラを選んでも。

全部見る

管釣り in 王禅寺 1回目【2011:ベニーさんといっしょ】

▲2年ぶり(!?)にご一緒いたしました♪

01/29 in 王禅寺

久々にべにいも兄さんとのお寺詣り。

本当はもう1人の兄さんもご一緒出来ると良かったのですが、時期尚早だった模様。

コチラが焦ってもアレなので、来たるべきその時に備えて精進しておこうかなと。

全部見る

管釣り in 王禅寺【2010:初釣り(お持ち帰りもしてみました)】

▲数は出ませんがトップも好き♪

01/16 in 王禅寺

行って参りました王禅寺、いわゆる初釣りでございます。

この日はチーム三河系なあぴょんさん、ピロリンさん&お友達のボラくんとの釣行。

とりわけボラくんは初の管釣りトラウトらしいので、いきなり王禅寺の世知辛さにやられなければ良いなと思っていたのですが。

全部見る