ベイトフィネスで1g:軽量ルアーのキャスティング

▲タックル以上にキャストの仕方の方が大事かも?

はい、ベイトフィネス。

今回はベイトタックルでの軽量ルアーのキャスティングについて、ワタクシなりのコツのようなモノをアレコレ綴ってみます。

タックル面でのポイント、リールに関しては一にも二にも軽量スプール!!

ワタクシのようにアベイル謹製マイクロキャストスプールなどでカスタムしてもいいし、最近ではカスタムする余地がないくらいのベイトフィネス専用リールもあるのでソチラを選んでも。

ロッドに関しては、1g台のルアーウェイトを乗せられる感じがするものなら大丈夫♪

使い方(キャストの仕方)のポイントにも繋がるのですが、柔らか過ぎると逆に制御が難しくなることも。。

使い方(キャストの仕方)のポイントを具体的に記すと、兎にも角にも「ロッドをしならせ過ぎない」ということ。

フォロースルー時に勢いでティップをお辞儀させちゃうと、放出したラインを手前に引っ張るカタチになってバックラッシュの要因に。

緩やかにチカラを加えることでしなりを防ぎつつ、1g台の軽量ルアーとラインを着実に加速させてキャストするイメージ。

勿論、ただ緩やかにするだけでは距離を稼ぎ難いです。

その解決策として、「ロッドを大きく振る」などという表現を時折見掛けますが。

ワタクシはティップを直線的に、尚且つ出来るだけ長い距離走らせることでルアーを効率良く加速させるよう心掛けています。

この心掛けを実現するために頑張ってるのが冒頭のお写真。

手首(手のひら?)でタメを作り、ギリギリまで返さない。

野球でいうところの「球持ちの良い投球フォーム」と言えば伝わりますでしょうか?

更に言えば、ロッドのグリップエンドから前に押し出す感じ。

そして、めい一杯押し出したところで手首を程よく返します。

且つ、フィニッシュではティップを返し過ぎない。

最後は欲張らず、チカラをスッと抜く感じがよろしいかなぁと。

何と言うか、ラインの放出角度とロッドの角度を合せていくような。。

はい、限界♪

言葉で説明するのって難しいですね、この拙い説明で何かしらを掴んで頂けたらトテツモナクありがたいです。

ちなみに飛距離を伸ばしたい場合、動作を「速くする」じゃなくて「大きく」かつ「強くする」感覚で調整していくとよろしいかも?

コレも上手いこと言えないのですが、「トルクを高める意識」的な。。

とりあえずそんな感じです!!

参考:19アンタレス + サムスティックでベイトフィネス

おまけ:バンタムMGLベイトフィネスカスタムで

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします