【バグドッグ:ジャッカル】加藤誠司プロの隠し子的な虫ルアーを通販でゲット!!【BUG DOG:JACKALL】

【バグドッグ:ジャッカル】加藤誠司プロの隠し子的な虫ルアーを通販でゲット!!【BUG DOG:JACKALL】

▲バーブレスフックでも何とかなりそうな

バグドッグ(BUG DOG):ジャッカル

はい、加藤誠司プロの隠し子的な虫ルアーことバグドッグ(失礼)。

バーブレス使いとしては、チョン掛け的なフックの取り付け方が気になったのですが。

プチトップ好きとしては、ビニール製の羽根をはじめ秀逸なアイデア満載の仕様に見逃すことができず。

発売日の予想は見事に外したものの、遠方のショップさんの通販サイトで何とか2つ♪

バーブレスでもバグドッグを飛ばさないリグ

で、ワタクシなりのセッティング。

頭部のフックを刺す箇所に仕込まれているエラストマーが、何というか非常にモッチリしていて想像以上に保持力が強そうな?

ただ、バーブレスフックで嗜むとなると流石に不安。

そんなわけで毎度お馴染み短絡的な強硬策、抜けるのが心配なら糸で結べば良かろうと。

まずはバーブレスフックのチモトにラインを結び、余り糸を長く伸ばしたカタチでカット

ちなみに今回は特に深く考えず、外掛け結びを正の方向で。

用途的にはそこまでこだわる必要はないかもしれませんが、チカラが入る方向で考えたら逆向きに結んだ方が良いかもしれません

何はともあれ次の手順、バグドッグの首根っこを余り糸でキッチリ括り付ける的な。

絵的には長過ぎるように映るかもしれませんが、個人的にはあまりタイト過ぎない方が何となく良さそうな。

とはいえ確証めいたモノがあるわけではないので、この辺は実践で様子を見ながら調整してみようかなと。

尚、この作業は一旦バグドッグのビニール羽根を外した方が楽チン且つ安心です。

テクスチャーを付けることで張りを出していますが、かなり繊細なので気を使った方が。

ソンナコンナで早くも最終工程、普通にフックを刺して完了です。

ラインの取り回しはとりあえずルアーの上にくるようにしていますが、コレもやっぱり確証とかがあるわけではなく。

まぁ、諸々追々ということで♪

バグドッグは浮くから飛ばしても大丈夫?

水面にプカプカ漂うバグドッグ。

ボートフィッシングならすっぽ抜けても拾いにいけば良いのですが、回収前にお魚が反応して誤飲されちゃったら嫌だなぁと

もう、ただソレだけ。

最近はアレコレ試すようにしていますが、ワームの類がイマイチ使い切れないのもその辺が主な理由。

バーブ云々関係なしに、できる限り対処して安心して楽しみたい的な願望です♪

まとめ

雑な印象は若干あるものの、案外よろしい感じに納まった気が。

となれば、なるべく早めに相模湖あたりでバグドッグを満喫したい的なココロモチになるのは当然のコト。

遅くとも、7月の半ばくらいまでには何とかならんかなぁと。。

はい、とりあえず精進しますそんな感じです♪

追記:バグドッグを相模湖で♪

虫系プチトップに適した状況ではなさそうだったのですが、先日訪れた相模湖でオモムロに登板させてみましたよ。

やっぱり投げやすい!」「テーブルターンもカンタン!」「キャスト時の羽音がカッコイイ!」と、いったところが印象深く。

一方、濡れることで左右の羽根同士がくっついちゃう的な事象が時折。

羽根に折り目を入れて強めに矯正することで対処してみたのですが、コレが釣果的に良いのか悪いのかは現状では未知数。

とりあえず基本的には使いやすいので、また条件がよろしいタイミングで嗜んでみます♪

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします