【プルクラ62B】琵琶湖のほとりで一目惚れしたパックロッド【トランスセンデンス:インプレ】

【プルクラ62B】琵琶湖のほとりで一目惚れしたパックロッド【トランスセンデンス:インプレ】

▲公式サイトでの62B+という記載はいわゆる表記揺れとのこと♪

プルクラ62B:トランスセンデンス/インプレ

晩夏の恒例、奥琵琶湖でのステキな集いに関してはまた後日。

今回は、その集いの場で出会い一目惚れしちゃったトランスセンデンスさんのプルクラ62Bの購入記でございます。

で、こちらの逸品。

一応「レングス可変システムを採用したパックロッド!!」くらいの知識はあったのですが。

当初は「ギミックとしてとても興味深いけど実際に触ってみないことには何とも言えないなぁ」的なイメージでした。

だがしかし。

西の若人P太郎くんが5月頃に発売されたファーストロットを購入しており、集いの場にも持ち込むとの嬉しい情報が。

そもそもロッドの好みが近しいP太郎くんが入手したということで期待度が著しくアップ!!

この辺りから追い風にモードになっていたのかもしれません♪

プルクラ62Bで実際にキャストさせてもらった印象:7.3フィート版

プルクラ62Bの構成

琵琶湖畔で実際にキャストさせてもらった際のセッティングは追加レングスを加えた7.3ft版、リールは19アンタレスでした。

ティップからベリーにかけて綺麗に曲がるけど、バット部分はナカナカなシッカリ系。

最初にアタマに浮かんだのは、ワタクシがメインロッドとして10数年ほど溺愛しているシマノさんのFD PV1610Mに近しい何か。

尚且つ、プルクラ62Bの方がよりマイルドで汎用性も高そうな?

更に!復元力に長けた高弾性素材らしいシャッキリ感もあるので良い意味での差別化も。

ソンナコンナで、第一印象は非常によろしいものでした♪

他モロモロも含め、一旦まとめてみると。。

  • 公式サイトの説明通り扱えるルアーウェイトの幅も広そう
  • 感度重視とのことでガイド多めな仕様だけど、全く気にならない自重の軽さ(先端から7個目まではチタントルザイトガイド)
  • 更に、グリップエンドに調整可能なバランサーまで内包
  • 尚且つ、仕舞寸法525mmのパックロッドである
  • その上、6.2フィートと7.3フィートというカタチでレングスを変えることができちゃう!!

比較対象として前述した逸品、FD PV1610Mを購入したのは今から13年前。

エポキシの経年劣化などが目立ち始めてきたこともあり、昨年あたりから入れ替えを意識しておりました。

そんな流れの中で運命的なこの出会い!!!

毎度のパターンですが、コレはもう行くしかなかろうと♪

ちなみにワタクシは遠征終了後、メーカーサイトを改めて確認してからオーダーに踏み切ったのですが。

一部の諸先輩方は現場で即決オーダーしていた模様、その判断の速さと行動力に驚愕した次第です。。

自宅に届いたプルクラ62Bを改めて:主に6.2フィート版

プルクラ62Bのカバー

プルクラ62Bが手元に届いた際、まず最初に試したのは6.2フィートでのセットアップ。

硬めなバット部分が短くなることでしなやかさが更に増し、それでも高弾性素材のチカラ強さは健在な感じ。

また、全体的なレングスもコンパクトになり小気味良さが一層際立つ印象に。

何と申しましょうか、こういうレングスが変えられるロッドってどちらかが主でどちらかがオマケっぽく感じちゃうのですが。

プルクラ62Bに関しては、どちらも溺愛できちゃいそうな予感がソコハカトナク♪

6.2フィートと7.3フィート、最初にどちらのセッティングで使おうか本気で迷っています。

唯一の課題はACSリールシート

購入前に少し迷ったのがACSリールシートを採用している点。

ファイナルディメンションの薄いトリガーが好みなので、その部分の厚みが少々気掛かりで。

それでも、最終的には諸々の魅力の方を優先した次第。

トリガーがどうしても気になったら、その時は削っちゃえばいいかなといった感じです♪

はい、まとめ

プルクラ62BとフエルコXT510-4C

昨年あたりから新たな方向を意識して整えていたワタクシなりのタックル構成。

このプルクラ62Bが加わったことで、充実度が一気に高まりました。

細かくアクションを付けたいルアーは操作性がよろしそうなプルクラ62Bで。

抵抗が大き目な巻物系のルアーは既に溺愛フエルコさんのXT510-4Cを用いる的な。

ワンセットだけしか持っていけない状況だったら、可変レングスも含めて汎用性を活かせるであろうプルクラ62B?

いやいや、その手の楽しい妄想もよろしいのですが早くどこかで試したいなぁと。

でもでも、何気に楽しみな釣行予定がアッタリナカッタリ。。

はい、とりあえずそんな感じです!!

追記:シーバスで入魂!!

デビュー戦は東京湾ボートシーバス、7.3フィート版でのスタートと相成りました!!

イメージ通りの汎用性に加え、実戦での使いやすさがとても印象的。

ただ、フィネス寄りの設定にしているバンタムMGLを載せていたため大きめルアーを試しきれなかった事が残念でした。。

何はともあれ、釣行そのもののアレコレはまた後日!!

兎にも角にも、プルクラ62Bも溺愛決定ということで♪

更に追記:追加レングスなしで2ozルアーを!!

つぶやきの通り、上からキャストする分には全然問題なく。

普段レンタルさせてもらう免許不要艇での扱いやすさを考えると、6.2フィートでこのクラスのルアーを扱えることは好都合♪

プルクラ62Bへの溺愛度が一段とアップした次第です!!

++ 関連リンク ++

Transcendence公式サイト

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします