非円形Abuにアベイル軽量スプールその6【Abu Ambassadeur 1000C】

1000Cにも魚沼産スプール

▲コチラは直接お願いするだけでOKでした♪

はい。

Abu1000Cの魚沼産スプール装着は、アベイルさんに直接相談したところアッサリ実現。

レギュラー商品化されている4500系と、同じスプールサイズというところがポイントだとは思うのですが

フィッシングショーでお話ししてくれた通り、ホントに速攻で対応してくれました♪

☆今回選んだカラーはシャンパンゴールド。他はブラック、ガンメタを選べたのですが、折角なので程よく主張できるものをセレクトしてみました。

☆手持ちの2000の方が微妙にいい感じだったので改めて比較確認したところ、メインギアの色味に差異が。カドミウムメッキのブラス、ないしアルミでは?という話を道具番長の番長さんからも伺ったのですが、重量比較等しないまま移植しちゃいました。

マイクロスプールの使用感はイメージ通り。

その性能をフル活用させるべく。

既にある程度アタリがついて馴染んでいる、手持ちの2000からパーツ移植して調整してみました。

オークション等でニコイチ掴まされるとカチンときますが。

個体差を積極的に活かしたバランス調整もできるので、自分で実施する分にはとても有効な手法として用いております♪

そんなこんなで。

5500C+マイクロスプール+QTCフレームの時と同様、諸々の効果が出すぎな印象なので。

マグブレーキ等をこしらえるか何かして、調整してみます。

引き続き、諸々うまいこといきますように。

まぁ、そんな感じで。

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします