ピニオンギアの破損【Abu Ambassadeur 1000C】

ピニオンギア破損

▲スリット部分、見事にガタガタに。。。

はい。

標題の通り、釣行4回目で早くもガリガリとピニオンギアを破損させてしまいました。

もともとスプールがやや右寄りに収まる個体だったのですが。

もしかしたら、ダイソー超強力ネオジウムマグネットを多めに配置したのが追い討ちを?

ギア自体はブラス製っぽく、磁力の影響はうけないものの。

金属製の華奢なクラッチヨーク、これが見事にマグネットに寄せられるという。

その分、クラッチの切れが甘くなっていたのかも?

まぁ、そんなこんなで。

本質的な原因までは突き詰めていませんが。

諸々の微調整をした上で、緊急処置的にAmbassadeur 2000から必要パーツを移植してみた次第です♪

☆ピニオンブッシングを1500系用のアベイル製(ボールベアリング入り)に交換してみました。

☆ボールベアリングもちょっとゴロゴロしてうるさかったので、敢えてブッシュに。

微調整の一環として。

アベイル製のボールベアリング入りピニオンブッシングなるパーツを取り付けてみました。

ただ、こちらは1500系用。

1000系のものと比較するとやや凸部が足りないのですが。

純正パーツのままクラッチを切った際。

そこはかとなくスプールにこすれるような印象だったので、思い切って白羽の矢を。

この強引なパーツ流用のせいで、またピニオンギアがやられる可能性も否めないのですが。

まぁ、この辺が古めのリールの面倒なところでもあり楽しいところでもあり。

ボールベアリングも、精度が高くなればなるほどボディの歪みを拾ってしまうので。

80’sベイトリールがメインな最近はその辺のこだわりも落ち着いてきており、そんな流れで静音重視のブッシュに交換。

とかなんとか言って、速攻ボールベアリングに戻しそうな気がしなくもないのですが。

はいはい。

とりあえずそんな感じです♪

追記

ピニオンブッシングはやっぱり純正に戻しました。

ブッシュもボールベアリングに。

アレコレ試してみましたが、総合的な判断で元の方が良かったという現状の結論です♪

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします