超溺愛系なベイトリール【アンタレスAR:シマノ】

▲超溺愛と言っても過言ではありません!!

はい。

シマノさんの逸品、アンタレスAR。

プチ旅行先の河口湖で使ってみようと、シマノのパックロッド(シャウラ4ピース)用にゲットしてから愛用しています。

このコが実に十数年ぶりのリール購入だったので、とりあえず各メーカーのハイエンドクラスを吟味してチョイス。

シマノに絞ったあとは通常のアンタレスシリーズと検討、最後は汎用性の広さを優先してARを選択した次第です。

それにしても。

丁度バスブームが始まるくらいからチョット釣りから離れていたのですが、そのウチに凄いことになっていたんですね。

製品が届いてとりあえずラインでも巻こうかと軽くいじっただけで、その剛性の高さを実感。

剛性と言っても所謂ごっつい感じでは無く、ベースがしっかりしているために各稼働箇所がスムーズに動く印象。

スプールを指で弾いて回転させるだけで、興奮の坩堝といった感じでした。

また、このアンタレスARはその他のアンタレスで言われているようなシビアさは皆無。

たまに妻も釣りについてくるのですが、その際このリールは妻が使用します。

大した釣り経験もないのですが、「下向き(スピニング)よりも使いやすい!!」と言いながら普通にキャストしています。

ちなみにバックラッシュしても、ほとんど自分で直せるレベルで収まっているご様子。

そのことからも、このリールの使いやすさがお分かり頂けるかと。

唯一の欠点は見た目の通り、寒い時期にはとても冷たく感じる点。

ロープロファイルなのでパーミング時の密着性も高く、その分カルカッタコンクエスト以上に冷たく感じたり。

それ以外は全く文句の付けようがなく、ワタクシもあと10年くらいは使い倒すつもりです。

はい、とりあえずそんな感じです!!

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします