バンタムMGL XGの初期インプレ:左ハンドルモデルがようやく到着

バンタムMGL XGの初期インプレ:左ハンドルモデルがようやく到着

▲カスタムする度に溺愛度UP♪

バンタム MGL XG LEFT:シマノ/初期インプレ

はい、バンタム MGLの左ハンドル版

販売が少し遅れると聞いていましたが、まさかココまで待たされるとは。。

何はともあれ、久々にシマノさんの新作ベイトリールを発売直後に入手してみましたよ。

アンタレスARの後釜的に

現在スーパーサブ的に活用している我が家のアンタレスARも購入してから10数年、保守パーツの供給も終了したとかしないとか?

流石に「そろそろ何かしら手を打たないと」ということで。

スペシャルベーシックなベイトリール、そんなニュアンスでバンタムMGLに白羽の矢。

初見では意匠的なところでチョコチョコ気になる点があったものの、程良くノスタルジックな佇まいは案外悪くないのかなと。

且つ、アンタレスARよりコンパクトでありながら強靭さを増しているアルミモノコック仕様のボディ

スプールの深溝っぷりがチョイ気にはなったものの、そのうち浅溝タイプのスプールをどこかしらが用意するであろうと都合よく。

手持ちのタックルで手薄になっている左ハンドルモデルの増強という側面も含め、総合的にソソられた次第です。

で、少しだけですが梅雨入り直前の相模湖で使ってきたこともあり。

既に右ハンドルモデルでのレビュー記事が溢れかえっていることは承知の上で、後追い的なことを含めてワタクシなりに♪

バンタムMGLのお気に入りポイント

まずはボディのコンパクトさ!!

冒頭のお写真、最近ご無沙汰なシャウラ4ピース1581F-4のチョイ短めなグリップと合わせるものアリなのかなと。

ちなみに数あるギア比の中からXG仕様を選んだのは、単純に興味本位というところが正直なところ。

少し前に個人輸入したコンセプトZも、同様の理由でギア比8.1:1をセレクト♪

そんな安易な選択でしたが、実際に使用してみたところ巻き心地も申し分ナシ。

超スローリトリーブでは若干ギクシャクしちゃったものの、チョイ重めな自重とボディ剛性による安定感が功を奏したのか早々に慣れちゃいました。

癖がないキャストフィーリングも好印象!

下糸にPEラインを巻き、メインラインはフロロ16LBを75mというセッティングで試してみたのですが。

軽めなチカラ加減でも程良く伸びてくれるので、特にピッチングでのアプローチがやたらと気持ち良く。

また、ブレーキ調整を頻繁にするタイプではないのですが、外付けダイヤルはやっぱり便利。

変にクリッカーを入れず無段階調整にしている点も、感覚重視なワタクシ的にはツボでした♪

☆シンプルかつ程良くノスタルジック、この辺の角度から見るデザインは割と好みです。

☆ファイナルディメンションとの組み合わせが思いのほか!コンパクトなのでFujiグリップとの相性も悪くないです♪

前述の通り、購入直後はシャウラ1581F-4との組み合せを想定していたのですが。

シンプルかつコンパクトなデザインがよろしいのか、アレコレお見合いさせてるうちに何にでも合わせやすいことが発覚!

特にFDことファイナルディメンション、パーフェクションシートとの相性が思いのほかよろしくて。

また、密かに狙っていたスモールプラグスペシャルことHL-Z671MLFB-STとの組み合わせ。

アベイル製の軽量浅溝スプール導入バンタムMGLレベルワインド加工からの流れというか勢いというか。

干渉してしまうリールシートを、ついうっかりリューターで。。

バンタムMGL+スモールプラグスペシャル、この組み合せもタックルとしての一体感があってナカナカ魅力的です♪

バンタムMGLの気になったところ

最初に手にした際に感じたのは塗装の厚み、妙にモッタリしてエッジが緩いなぁと。

シマノのリールの表面塗装、個人的にはアンタレス系の薄めな処理がベスト。

エッジの立ち方がキレイだし、エイジング的な傷の付き方とかも好み。

塗料の喰い付きとか腐食防止とかコスト的な理由があるのかもしれませんが、コレはちょっとだけ残念でした。

あと、ハンドル周りのデザインがモッサリしている問題。

好みの問題と言えばそれまでですが、結局いつもの魚沼産ことアベイル謹製アイテムで対応する方向で。

一方で、やっぱりクラッチは少し高過ぎるような。。

ワタクシの手が小さいだけかもですが、最大の欠点と言っても過言ではなく。。

とりあえず使っていくウチに慣れることを期待しつつ、もしくはKDWさんに期待しつつ!?

あとあと話題になっているレベルワインドがスプールに近い問題ですが、ワタクシ的にフロロ16LBを使用している分には全く問題なく。

ただ、抵抗感が増すPEラインとの相性を検証したく手持ちの他のベイトリールも含めてチェックをしてみました詳しくはコチラ!!

多少ではありますが、いじる余地がアルヨウナナイヨウナ!?

尚、食わず嫌いだったマイクロモジュールギアに関してはもう少し使い込んだ上で改めて追記させてもらう予定。

「そもそも釣行頻度が低いし、そんなに気にしなくても大丈夫じゃない?」という鋭いアドバイスも頂いているのですが、、、。

はい、とりあえずそんな感じで。

ナンヤカンヤ言っとりますが、バンタムMGLに対する満足度はかなり高めです♪

追記:マイクロモジュールギアについて

先日、某釣り具量販店に勤務している従弟と話す機会があったので聞いてみたところナカナカ興味深い返しが。

  • マイクロモジュールギア自体は以前から採用されている。
  • 評判的にも、店頭での印象では概ねよろしい感じ。
  • 初心者による過度な自主メンテが原因になっている場合もあったりなかったり!?
  • 細かくなった分シビアさが増したのも事実なので、分解および組立にはソレナリの注意をした方が。。
  • その他モロモロ♪

実際、ワタクシが使用している感じでも気になることは特になく。

先に貰ったアドバイス通り、然程気にしなくても良いのかなぁと。

また、「ギア回りは粘性および保持性高めなグリスを意識すると良い」的な具体策も。

その辺のことを意識しつつ、カスタムする度に溺愛度が増しているバンタムMGLをガッツリ使い込んでみます♪

バンタムMGLに施したカスタム関連の記事

前述したスモールプラグスペシャルとの組み合わせがバランス的にあまりに心地よく。

野良ネズミなどのプチトップ系やミドストなど、ベイトフィネス寄りのセッティングで堪能しています♪

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします