ブラックバス釣り in 相模湖 8回目【2008】

▲旧橋脚跡も露出系。

2008 12/20 in 相模湖本湖&上流部 バスフィッシング

性懲りもなく悪足掻き。

今シーズンのラスト釣行的に、毎度お馴染み修行系。

今回の生け贄は、過去数回の釣行で相模湖の世知辛さをご存知のあぴょんさん

そろそろ優しい側面を垣間見せてくれるかなと期待していたのですが、我々を出迎えてくれたのは気温0度を表示する電光掲示板。

それでも、霜が降りてツルツル滑る桟橋まで降りてみたら水の方が温かいのか思いのほか寒くなく。

これならいけるかも?

そんなポジティブ且つ都合のよい妄想を、臆面もなく抱きつつ。

いつものボート屋さん日相園でボートを借りる際、返ってきたお釣りが¥1,000多かったですと自己申告。

コレで「徳」も積めたであろうということで、いざ出航!!

さてさてさて。

☆セオリー通り、本湖方面へ。

☆どのカットもやたらと寒々しいですが、この季節の凛とした空気は嫌いじゃないのです♪

とりあえず前回上流を選択してミスしたということもあり、セオリー通りに本湖方面へ。

数投しただけで一気にココロ奪われたクランキングロッドにDC7を乗せたタックルで気持ちよくキャストしつつのんびり移動。

ふと見渡せばこの日はご同輩の方も何人かいらっしゃるし、ハイテンションで楽しそうなトッパーさんにもご挨拶でき勇気百倍♪

とりわけシャローエリアに関しては水も悪くは無さそうだしタイミングが合えば何とかなりそうな予感。

そんなことを話しながらキャストを続け。

まだ日差しが当たらず寒々しいワンドは一旦パスして本湖と上流部を繋ぐ勝瀬橋方面へ。

流石に沖目のポイントは魚探が欲しいなぁと思いつつ、ボトム中心にバクラトスイマーで広範囲に探るも何の音沙汰もナシ。

柴田ボートさん付近を観察した後。

ぽつぽつ釣れるワカサギさんを横目でチェックしながら本湖を攻めるもコレマタ勝手が分からずウンともスンとも。。。

ジグヘッドやダウンショットを駆使して粘ってみたのですが、強目な風が吹き始めてきたのでソソクサとUターン。

本湖最大の青田ワンドが脳裏を過ったのですが、その規模と移動距離を考慮して再び勝瀬橋の風裏へ。

そこから朝一パスした各ワンドを丁寧にチェックしたのですが、とっても釣れそうな雰囲気ながらも音沙汰ナッシング♪

徐々に日が傾く中、あぴょんさん共々メゲることなく。

ボート屋さん付近の一級ポイント、本流と秋山川の合流地点で迎えたラスト・チャンス。

誰もが諦めたそのとき、ドラマが。。。

☆はい、おきませんでした。

☆バックラとも戦っていますが時空系はナカナカよろしい按配でした♪

キャリー・オーバー、継続。

相模湖レベルになると¥1,000のお釣りの間違いを申告しただけじゃ「徳」としては全然足りないってことですね。

個人的な目標も持ち越し決定です♪

ちなみに。

この日の翌日に開催された、ハイ・レベルなローカルトーナメントではナイスなサイズがしっかり出ている模様。

大きなバスがちゃんといて、それをこの時期に釣っちゃう方々がいらっしゃる。

ホント、相模湖はサイコーなのです。

そんな感じです、超楽しかったです!!

++ タックルの詳細 ++

▼まぁまぁマジでした♪
コンクエスト50S アベイルスプール仕様クオッドツイスター

▼ラバジにビッグダディ♪
アンタレスAR + FD TS-168H

▼早くも溺愛♪
アンタレスDC7FD TS-1610MF

▼テキサスやシャッド系、何でもアリ♪
コンクエスト100 + FD PV-1610M

いずれのベイトリールもサワムラ先生のところで取り扱っているIXAのセラミックスボールベアリング入れています、使い始めですが今のところはよろしい按配。

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします