ブラックバス釣り in 琵琶湖(バスボ)【2009:ベイト難民キャンプ_Day1】

▲渋滞抜けたのは明るくなってからでした。

2009 09/19 in 琵琶湖 バスフィッシング(バスボ三昧♪)

今年もビッグなイベントに夫婦揃って参加させて頂きました。

帰宅してから既に2日程経過したものの、未だ余韻に浸っている最中。

まだ何をどうまとめれば良いのかイマイチ見えていないのですが、とりあえず勢いに任せて綴ってみようかなと。

いつも以上に駄文率高めですが、悪しからず♪

さてさて、まずは初日。

今回幹事をされた「MIDNIGHT EXPRESS」のuedaさんのご好意で、我々夫婦は皆さまと別行動でバスボを堪能させて頂きました。

いわゆるシルバーウィークということで、渋滞は予測の範疇。

そんなものにハマって貴重な朝マズメの時間をダメにするというような無粋なことなんて。

いや、これまた見事なまでにカマしてしまったのですが。

「慌てなくても大丈夫ですよ」という、uedaさんのお人柄溢れるメールやお電話のお陰で初めてのルートを無事走破。

この辺はまだ上手いこと行きません、長距離移動の経験積んで精進いたします。

で!

☆やっぱりバスボはステキ。

前回の遠征時もちょろっと経験させて頂いたバスボート。

馴染みのあるローボートとの圧倒的な差異、そのサイズ感と安定性に期待度うなぎ登り。

写真撮るのを忘れてしまいましたが、まるでピットロードのような水路をゆっくり抜けて。

「さぁ、行きましょう!」という言葉と共に、ぐわんとプレーニングに入り一気に加速。

心地よい息苦しさと疾走感とオケツの痛さ。

心配になって横に鎮座する妻を見たら、「これは凄いねぇ」とにやけておりました。

絶叫マシーンマニア、恐るべし。

そんなこんなで。

最初に入ったポイントは琵琶湖大橋を越えた西側だったでしょうか?

普段見慣れないウィード系のカバーに小鮎らしきベイトフィッシュが絡んだような、憧れをそのままカタチにしたような好ポイント。

台風を押し流してくれた高気圧の影響か、風と流れがとても強くて操船するには厳しかったと思われますが。

お陰さまで、とっても可愛いながら初モノ頂戴いたしました。

☆琵琶湖での初バスはサムバイブ85Fで。

☆この後、穏やかな南湖に辿り着くまでがナカナカでした。

最初に釣れたコの前にも可愛いサイズをばらしているのですが、いずれもウィードに引っ掛かったルアーを外した瞬間のバイト。

あまりに教科書通りの展開だったので、妙に興奮してしまいました。

ニーマルな初モノ、最高です!!

同じくらいのタイミングでオカッパリ組がとんでもないサイズを揚げていたらしいですが、ソレはソレということで♪

しばらくルアーチェンジをしつつアレコレ励んでみたのですが、残念ながらバイトが遠退いてしまい。

風や波の状況も益々荒れ気味になってきたので、大きな橋をくぐって南湖方面へ進行。

が。

uedaさんの操船技術でもままならない状況だったらしく、みんなで仲良くずぶ濡れに。

でも不思議なことにコレが楽しくて、って文面にすると若干不謹慎に映るかもですが。

これ以上はヤバいかも?というチョイ手前をしっかり見極め。

「何とか釣らせよう!」としてくれるのが分かるので、自然に「ディズニーシーみたい♪」という心持ちになるのです。

まぁ、2人とも行ったことないですが(笑)

そんな経緯で無事に琵琶湖大橋を通過、南湖に入るとそれまでの「加山雄三」な雰囲気が一変して穏やかに。

逆にベタ凪すぎるくらいな状況でこれまた難しいご様子、コマメに状況確認しながら移動を繰り返すも結果は変わりません。

といった状況で、唐突にuedaさんのおクチから「そろそろバスボ操船してみましょうか?」という魅惑のお言葉が。

折角だからということで、超ビビりながらもお言葉に甘えてチャレンジさせて貰ったら。

絶妙なアドバイスのお陰もあってコレまたホンキで楽しんじゃいました、免許欲しい病が一気に増幅した次第です!

そんなブルジョワなお楽しみを挟みつつ。

ワタクシも聞いたことがある有名ポイントを精力的に廻ってくれたのですが、結果はuedaさんに可愛いコが1匹ヒットしたのみ。

そこで、一か八かというと大袈裟ですが。

お昼過ぎ、諸々の状況・情報を元に再びあの橋を越えてみましょうということに。

☆多少波を被っても良いようにということでuedaさんのお高めなレインスーツを略奪!折角用意した自前のカッパは天候が大丈夫そうだったのでうっかり仕舞い込んでしまい今回は出番無し。

☆写真はございませんが、いざ目的の現場に辿り着いたら大荒れ&ドチャ濁りでした♪この辺も琵琶湖サイズと申しましょうか、規模が違い過ぎ。

琵琶湖さん、やっぱり甘くないですね。

でもでも。

日が傾きかけて2度目のずぶ濡れが完全に乾く頃、uedaさんがサムルアーズさんのコトカスミディアムで立て続けにヒット。

どうやらチャンス到来、そのヒットルアーをお借りして妻のタックルにセット。

すると朝イチのワタクシ同様、一度藻に絡んだのを外した際にヒットしたようなのですがボートの際でサヨウナラ。

気を取り直して再びキャストした矢先、妻のクチから「何か付いてるかも!?」との宣言が。

☆妻、西の聖地で生涯初のバスをゲット♪

☆旦那は相変わらず可愛いコばかり。

「ちゃんとあわせた?」

「ロッド煽って!」

「なんでもいいから巻け!!」

ヒットしたのが分かった途端、男2人は大慌てで大騒ぎ。

最後はuedaさんが手をめい一杯伸ばして見事にネットイン!!

ホント、uedaさん様々でございます。

その直後、ワタクシも同じくサムルアーズさんのサムバイブ85Fでお手製バンブーロッドの入魂を完了。

サイズに関しては、今後に期待!!

と、いった感じの遠征初日でございました。

出発からココまで2人とも殆ど寝てなかったので、この日は皆さんと合流する事もままなりませんでしたが。

兎に角、とてつもなく充実した一日でした。

モチロン続きます。

++ タックルの詳細 ++

▼今回も壊滅的なバックラさせて終了♪
コンクエスト50S アベイルスプール仕様クオッドツイスター

▼ラバジも神の動きのコも不発♪
アンタレスAR + FD TS-168H

▼琵琶湖の初バスはこのタックルでした♪
コンクエスト100 + FD TS-1610MF

▼妻用♪
アンタレスDC7 + FD PV-1610M

▼竹ブランク、トルク感がタマリマセン♪
Abu521 XLT + お手製バンブーロッド

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします