ブラックバス釣り in 琵琶湖(おまけ)【2009:ベイト難民キャンプ_Day3】

▲この辺は暗いうちに通過するはずでした。

2009 09/21 in 琵琶湖 バスフィッシング&博物館

はい。

いろいろ勤しんでるウチに大分間があいてしまいましたが、この遠征の最終日を思い返しつつダラっと綴ってみようかなと。

その前に、前夜の経緯を少々。

何だか名残惜しかったのです。

ちょいと疲れを感じ出した琵琶湖大橋手前の信号にて、1軒のラーメン屋さんが目に留まり。

「来来亭も例のカレー屋も噂の琵琶湖博物館も行ってないねぇ。」

「琵琶湖博物館、確かこの界隈だよねぇ。」

「そういやこの辺って予約のいらない宿泊施設街なかったっけ?」

「近くに流入河川もあった筈だし、朝イチ遊べるかなぁ。」

初日のバスボから見た風景を思い出しつつ。

帰路とそっち方面に向かうであろう道路が交差する付近のコンビニに停車して緊急会議、というかそのまま軽食買い込んで宿泊準備。

シルバーウィーク特需で満室だったりボッタクリ価格だったら考え直さなきゃと思っていたのですが事なきを得て、パネルのボタンをポチッとする方式でチェック・イン!!

存在意義がよくわからない最新ダイエット器具がとっても印象的なお部屋にて、グッスリ熟睡させてもらいました。

ただアレです。

全てが思い通りに行くなんてことはそうそうなく、うっかり爆睡してしまい朝マズメが無かったことに。

身支度完了したのが時間にして10時半ぐらいだったでしょうか。

「とりあえず琵琶湖博物館だけは行きたいねぇ」という会話を交わしながらおクルマに荷を積んでると、予約のいらない宿泊施設の駐車場特有の分厚いビニール・カーテン越しにバサーらしき方を発見!?

まさか宿泊施設の真横が川だったとは。。。

無論、見過ごせず。

「やっぱりちょっとだけ、良い?」

☆タックル握ってあのカーテン潜るのは初めての経験です!

☆チョイのマの後は念願の琵琶湖博物館へ!見応えアリ。

「どっから出てくるんだよ?」といった表情の先行者の方に「奥、入っても大丈夫ですか?」と爽やかにご挨拶♪

30分一本勝負、勿論ノーバイでしたが素敵な悪足掻きを堪能させてもらいました。

その後は念願の琵琶湖博物館へ。

当初はお土産屋さんだけでも良いかなと思っていたのですが、イザ辿り着くと全部見たくなるのが世の常。

でもこれが大正解!!

噂には聞いていましたが、ホント見応えタップリで時間遣いすぎちゃいました。

必然的に、カレー屋さんや来来亭さんその他モロモロはまた今度。

名残惜しさを隠せないまま、ココでようやく家路に向かう決断をした次第です。

それにしても、行楽渋滞ってハマるとマジ凄いんですね。

☆楽しみだった高速メシも吉野家さん&ソフトクリームのみ。

☆走行距離1,104km♪渋滞による遅延で返却時間は2時間押しに。

往路以上の長旅になってしまいましたが、特に事故に遭うことも無く無事帰還!!

レンタカー返却後にちょこちょこご紹介している地元でお気に入りのラーメン屋さん「味噌一」で〆ました♪

でも、ラーメンを頂いている最中にレンタカー屋さんから入電が。

何か壊したか?とドキドキしながら出てみたら「リール忘れてますよ!」というご指摘が。

よりによって今回お手製バンブーロッドとともに大活躍だった、溺愛Abu521 XLTを置き去りにしちゃってました。

何と言うか、遠征のオチがキレイについたということで。

そんなこんなで。

ベイトでいこう!のyouさん。

道具番長の番長さん。

One of These Nightsのkomatsuさん。

新米親父の背中のひでっちさん。

MAG ATTACK!のmagさん。

BASS HUNT!!のPちゃん改めP太郎くん。

じゅん屋のじゅんさん。

素敵な大人のお手本!ブログ・コメンテーターのsepiaさん。

残念ながらお会いできませんでしたが電撃Fxxking!のちんねんさん。

そして今回の幹事であり、初日にバスボを満喫させてくれたMIDNIGHT EXPRESSのuedaさん。

参加された皆さまに心から感謝!

有形無形、何かしらお返しができるよう益々精進いたします。

はい、そんな感じです。

++ タックルの詳細 ++

▼竹は目立つかなと♪
アンタレスDC7FD PV-1610M

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします