ブラックバス釣り in 相模湖 1回目【2015】

▲521XLT、カスタム良好♪

2015 03/08 in 相模湖上流部 バスフィッシング

はい。

寒さの残る春の相模湖に馳せ参じてみましたよ。

色々と手を入れてみたちょい古リール・セッティングの見極めと。

減水期のお約束、地形チェックが今回の狙い。

あと、一発大物との出会いなんかも少しだけ意識してみたり。

で、天気予報的には午前中は弱めの雨。

本番は天候が回復するであろう昼過ぎ、夕方のフィーディングタイムがチャンスかなと。

そんなわけで、同行していた妻は気温が上がるまで車中で読書。

まずは単独で、ざっくりタックルチェックをしたのち上流方面へ進行してみようという算段。

そうそう、タックルチェック。

冒頭のお写真、魚沼産スプールを無理くり突っ込みダイソー超強力マグネットでブレーキ強化した521XLTの調子がすこぶる良く。

さらに巻き心地の気持ち良さを意識してこしらえた素人お手製クランクベイトがまぁまぁイメージ通りに仕上がっており。

もう今日はコレだと。

コレしかないと。

潜行深度およそ1mなクランクベイトに反応してくれるような、気の効く大きめなコが湖中に1匹くらいはいるに違いない。

このような思い込み的自己暗示で失敗を繰り返すわけです。

そもそも失敗という認識すら持っていないというウワサもあったりなかったり。

☆521XLTと同じく魚沼産スプールを強引に突っ込んだUltra Mag Flippingは、比較の意味も込めて超強力マグネット少なめのセッティングにした分ブレーキが弱過ぎでした。。

☆減水期のポイントチェック、相変わらず素敵なところが多過ぎて絞り込みが難しいです。。。

チャンスは2度ほど。

ただし多投していた素人お手製なクランクではなく、ドライブシャッドなる大きめワームにて。

個人的に大好きな大曲と呼ばれる区域の一角。

一応ボトムも探っておこうかとライトなテキサスリグでズル引いたところ、ハムハムするようなバイト炸裂。

1度目はラインを送り込んで食い込みを待ったものの、思いのほかアッサリ離脱。

次の次のキャストで到来した2度目のチャンスは、ハムハムからの食い込みを誘発すべくゆっくりテンションを掛け重みを感じたところであわせたものの、、、。

はいそんなもんです、ワームむずいですねぇ。

尚、このタイミングが天候の変わり目だった模様。

間もなくして雨脚も強まり、バイトもなくなっちゃったのでボート屋さん目指してそそくさとUターン。

状況的に妻をピックアップできるような展開になる見込みも見出せなかったので、目ぼしい区域のチェックだけさせてもらい。

お昼時、おなかがへったところで上がってみました。

片付けが終わる頃には空も明るくなりつつあったのですが、とりあえず今回は十分かなと。

ちなみにこの日。

前述した大曲にて、55cmなコが揚がっていたご様子(某ボート屋さん情報)。

やっぱりワタクシは何かしらズレていたようです♪

まぁ、そんな感じで。

これはこれで、充実したヒトトキでした。

++ タックルの詳細 ++

▼ほぼ完璧♪
Abu 521XLT アベイルスプール仕様FD TS-1610MF

▼今回はドライブシャッド用で♪
Abu 5500C QTC Frame アベイルスプール仕様FD TS-176MH

▼フルキャストじゃなければ!もう少し♪
Abu Ultra Mag Flipping アベイルスプール仕様HL-Z671MLFB-ST Small Plug Special

▼ダイソーマグネット乗せ過ぎて飛距離激減♪
Abu 521XLT ブレーキだけ強化仕様 + FD TS-168H

▼奥様用♪
アンタレスAR アベイルスプール仕様FD PV-1610M

▼10回は投げたと思います♪
コンクエスト50S アベイルスプール仕様クオッドツイスター

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします