管釣り in 王禅寺 2回目【2008:ベイトタックル適正チェック】

▲ベイトタックルの適正チェック。

02/11 in 王禅寺

はい。

この日は野暮用絡み、TeamBAITとは別の抜駆け釣行です。

敷地内の所々に雪が残っていてやや寒でしたが、水面に目を移すと朝イチからよろしい感じでライズ有り。

いつもの島周り駐車場側に陣取ってフロッグさん系タックルでプチ・トップを投げてみるも、浅めのバイトに毎度のごとく為す術ナシ。

また、今回このタックルにバリバスさんのパワーフィネス PE 0.8号/11lbを巻いてみたのですが見事にバランスが崩れて飛距離激減。

PEライン自体の摩擦、やはり侮れません。

そんなこんなでプチ・トップ系は一旦放置、そして懲りずに続けている「コンクエスト100で1g」なタックルにチェンジ。

結論から言うと、コンクエスト100で1gクラスのルアーを使えなくはないです(勿論、それなりのカスタマイズは必要)。

でもバックラの頻度と飛距離の安定性考えたら、素直に3gクラスまでのクランクとかを楽しむ方が幸せかなと。

で。

お次は個人的ベーシック、溺愛クオッドツイスター+コンクエスト50Sでボトム系。

ラインがナカナカ決まらないのですが、今回は定評のアイキャッチPEを巻いてみました。

こちらも結論から言ってしまうと、もうコレでも良いのかなぁという感じ。

決して悪いわけではないのですが、特に新しさも無い的な。

個人的にはもう少しだけ張りがある方が理想という点と、最大の懸念「色落ち問題」をどう捉えるか。

とりあえずこのアイキャッチPEを抑えにしつつ、次の逸品との出会いを探ってみます。

☆ボトム系、使ってみたかったコは一通り釣れてくれました!釣果的にはかなり満足です。

☆シャレで持ち込んだアンタレスDC、自重3g以上のルアーなら何とかなりそうな。ちなみに黄色いPE、やっぱり色落ち激しいです。

トラウト管釣りにおけるベイトタックルの適正チェック、そんなムダな遊びをひとしきり楽しんだあと。

勝算が見出せないまま再びトップ遊びに興じてみたら、予想を遥かに上回る大ハマリモードに突入。

完全にリズムを崩し、時折り中層やボトム系に切り替えてもウントモスントモ。

そんな時に救世主、ウワサの番長さんがお声がけしてくれるというサプライズ!!

そのネーミングから勝手にファイタースタイルな方なのかなとか思っていたので(失礼)、そのスマートな雰囲気にかなりビックリ。

そして手入れの行き届いたであろう、綺麗さ際立つタックルに驚愕でした。

ちなみにこの日はワタクシも密かにチェックさせて頂いている「釣りいきてぇ」のめまさんとご一緒するとのことだったので。

タイミングを見てお2人まとめて襲撃してみようと思っていたのですが、何やら色々あったらしく今回は願い適わず。

次の機会に是非!!

尚、遠目で見てたらめまさん1人だけガンガン釣っておられましたマジ凄かったです。

そうこうしているうちに終了のお時間が。

でも野暮用の予定も都合良く押してくれたので、シレッと3時間延長。

タックルをクオッドツイスター+コンクエスト50Sに絞ってラストスパート!!

時折り状況が好転したこともあり、最終的にはソレナリの数が釣れてくれました。

最後に改めて番長さんにご挨拶させて頂きこの日はお開き。

とても充実したヒトトキでした。

はい、そんな感じです!!

++ タックルの詳細 ++

▼個人的管釣りトラウトの定番♪
コンクエスト50Sノーマルスプール マグブレーキ仕様クオッドツイスター

▼無理に使うこともないかなと♪
コンクエスト100 ZPI MgSpool仕様 + カーディフベイト

▼こちらも無理に使うこともないかなと♪
アンタレスDC7 + SHAULA 1581F-4

▼釣りにくいけどコレは好き♪
Frog トイマシーン03 + ガンディーニスパイダースティック

よかったら「いいね」をお願いします♪

よかったら「いいね」を
お願いします♪

ベイトキャスティング フェチの
最新情報をお届けします